読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陰部のトラブル対処法。石鹸や病院の選び方

陰部のトラブルは様々です。軽い症状から病気などの重い症状まで。石鹸だけで解消できる事もあるけれど、すぐ病院に行く必要もあります。このブログでは陰部のトラブル別に対処法を紹介します。

陰部神経痛はどんな症状がある?痔と間違えやすい。

 

f:id:sugarchan1:20170220050811j:plain

陰部神経痛は病院でも判断が難しいぐらい分かりにくいと言いますが、

特定の症状はあるのでしょうか?

 

陰部神経痛の症状がわかれば、ある程度の対処法が出来るかもしれませんね。

 

確かな症状を知って、適切な処置を進めていきましょう。

 

 

陰部神経痛の痛む場所は?

陰部とは、肛門のことではなく、肛門よりも奥の方と考えると分かりやすいです。

 

便秘の方に多く発症することから痔と間違えやすいので、注意が必要ですね。

 

痔は肛門部分に発症しますが陰部神経痛はもっと奥なのです。

 

排便を催していて、そろそろ出てきてもいい頃なのに、

なかなか出ないという症状があったり、

その時に痛みを感じたりする症状があれば、その部分が陰部に近いです。

 

 

陰部神経痛はどんな時に症状がでやすいのか

痛みが起こりやすい場面は人それぞれですが、

陰部神経痛は椅子に座った時に痛みが出る事が有ります。

 

自転車やオートバイ、自動車の運転などで悩んでいる方も多いですね。

 

サドルや座面を柔らかくするなど痛くないような対策で

解消する方法もありますがそれは一時的なものですから

痛みが完治した訳ではありません。

 

気にするとストレスなどからどんどん痛みが増す場合もあります。

 

ものすごく強い痛みがあると脳が痛みを記憶してしまい、

不安な気持ちから、また痛みが発生する場合もあり、

精神的な面でも大変な病気です。

 

自分に合った対策・処置をする必要があります。

 

 

陰部神経痛の症状は痛みだけじゃない

陰部神経痛が起こる原因が老化による筋肉の緩みだった場合、

排便に障害が現れます。

 

中にはひどい便秘になることが多く、

老化によって筋肉が衰えてしまったからと判断しがちですが、

痛みが強いため治療を焦ってしまう方も少なくありません。

 

痛み止めの服用で対処する方も多いようで、

完治できた方はかなり少ないと言われています。

 

痛み止めは一時的に痛みを感じなくするだけで、

根本的な部分に対しては何も変わっていませんからね。

 

陰部神経痛が原因で、精神的に弱ってしまう場合もあります。

 

ストレス性の内臓機能低下が見られ、ひどい時には

うつ病になってしまうこともあるのです。

 

この場合の治療は、陰部神経痛の痛み対策だけでなく、

精神面での治療も合わせてリラックス効果のある治療も

行っていくことになる様です。

 

 

このように、陰部神経痛は様々な原因がありますが、

陰部の症状は強い痛みや便秘になる事が多いようですね。

 

病院でも判断がしづらいぐらいですので、

症状だけで自己判断するのはもっと難しいと思います。

 

痛みの出る場所が場所だけに、恥ずかしいと感じるかもしれませんが、

体に異常や痛みを感じたら、症状が悪化する前に、

まずは病院で診察してもらいましょう。

陰部神経痛の治療の種類や治療方法は?

f:id:sugarchan1:20170219063518j:plain

 

お尻の痛み、それも肛門に関係する問題は人に相談しにくいですよね。

陰部神経痛は、隠れ患者数が多いと言われています。

この病気がなぜ分かりにくいのでしょうか?

また、陰部神経痛だとわかった場合の治療の種類や方法はどんなものが有るのか見てみましょう。

 

 

陰部神経痛は判断が付きにくいので治療がわかりにくい。

陰部神経痛は、性別に関係なく発症します。

下腹部に痛みを感じる症状だけでなく、肛門の奥の方が痛む症状もあり原因は特定しにくいと言われています。

このような症状を感じた場合は陰部神経痛を疑ってみて下さい。

排便障害や排尿障害があれば特定しやすいですがそのような症状が出るとは限りませんからね。

その為、大半の方がうまく治療できないと悩んでしまう症状なのです。

 

また陰部神経は、何等かの原因で圧迫されると激痛があります

その痛みは脳に記憶されて、ちょっとした症状でも激痛が繰りかえされてしまう場合も多いですね。

たびたび痛みを繰り返すと、痛みのストレスが募りその為、症状を悪化させてしまう事もあるぐらいですから。

 

陰部神経痛は、症状がわかりにくいので、病院での診察も時間がかかり、何度もいろんな先生に診てもらう必要が出てきます。

特に多いパターンが、症状がわかりにくくひとまず痛みを抑えるために、とりあえず痛み止めの薬で治療するという事が多いですね。

 

陰部神経痛の治療の種類

原因が分からないけれど、とりあえず痛み止めをしたい場合は、内服薬・注射があります。

根本的な治療ではありませんが、一番即効性が高いのではないでしょうか。

 

身体に負担なく自然に治したい場合は、漢方・針灸・マッサージ・ストレッチがあります。

即効性はありませんが、根本的な部分を時間をかけて改善していくイメージですね。

 

西洋医学の場合は直接的な治療、一方、東洋医学の場合は、腰の血液状態・血流の改善をすることで、痛みを減少させることが重要という考えです。

また、過敏になっている神経を穏やかにする効果も期待できますね。

 

陰部が痛くても痔と判断しないこと

陰部とは、直腸の奥の方に感じる痛みです。

直腸と言えば「痔」と判断してしまいそうですが、自己判断はあまりよくありません。

痔の場合、肛門付近に痛みを感じるので違いが分かるはずですね。

 

痔は、手術が簡単なので診察で原因が明確でなくても、手術を勧められてしまう場合もある様ですので恥ずかしい部分ではありますが確実に見てもらう方がいいです。

 

陰部神経痛は、痔の手術をすると悪化させてしまう可能性もあるので、すぐに判断するのは危険です。

 

 

このように陰部神経痛の治療は、原因がはっきり分からないことが多いので、自分に合った治療を探すことが必要ですね。

自分で病気を判断せず、出産やオペ、老化などの原因に当てはまるものがあるか考えてみましょう。

 

もし、心当たりがあれば、診察しやすくなります。自分の症状を正確に伝えられるよう、どのような痛みなのか、どのような時に痛むのか、観察することも必要です。

不快なデリケートゾーンのかゆみは病院の何科に行けばいいの?

f:id:sugarchan1:20170219060606j:plain

女性のデリケートゾーンの診察は婦人科がおすすめ

女性のデリケートゾーンのかゆみはとても不快なものです。

今ではデリケートゾーンのかゆみ対策の市販薬もたくさん見かけるようになりました。

 

多くの方はまず病院に行く前にこのようなデリケートゾーンのかゆみに効果のある市販薬を試されるのではないでしょうか。

婦人科にかかったことのない年代の方は特に診察してもらうことに抵抗を感じ、市販薬で対処されることも多いでしょう。

 

しかし症状が重い場合や市販薬では症状がよりひどくなる場合もありますので注意が必要です。

 

また手や足などの皮膚のかゆみの場合診察してもらうことになる皮膚科ではデリケートゾーンの際、内診の設備がない場合が多く見られるためやはり婦人科での診察をおすすめします。

 

症状を観察し、医師に伝えよう

いつからかゆくなってしまったのか。どの部分が特にかゆみを感じるのか等、気になることをまとめておきましょう。

 

かゆみの原因は複数考えられますので、症状をしっかりと把握し医師に情報を伝える事は病気を正確に診断し治療を行う事には不可欠です。

 

おりものの状態やいつもとの違いなども診断を下すにはとても重要な情報になりますので観察しておくことをおすすめします。

 

婦人科での診察の流れ

  • 問診

婦人科ではまずかゆみの具体的な症状や妊娠の有無、最後の生理の時期などを問診で確認します。

この時の情報は診断を行うためにとても重要になってきますの、あらかじめメモなどで整理しておくとスムーズですね。

  • 内診

診察室に呼ばれ医師から簡単な問診で得た情報の確認を行った後は個室での内診があります。内診はやはり女性にとって気持ちのいいものではありませんが、カーテン越しに医師がデリケートエリアを診察します。

カーテンで仕切られていますので、多少気持ちは落ち着いて診察を受ける事が出来るでしょう。

内診の時に膣炎など疑わしい病気がある場合には専用の綿棒で少量おりものを摂取し菌がいないかどうかの検査を行います。

性感染症が疑われる場合にも別途検査を行い判断します。

 

 

 

このようにデリケートゾーンのかゆみを感じた場合には婦人科で菌の検査を行い、何が原因になっているのかをきちんと診断することをおすすめします。

 

下着などの擦れや汗などで一時的にかゆみを起こしている場合もありますが、菌などの影響でかゆみを起こしている場合などは、治療が遅れると悪化してしまうことがあるからです。

 

女性にとって婦人科はなかなか行きにくいかもしれませんが、長い間お付き合いしていく診療科でもあるのです。何かおかしいと感じた時には早期に診察を受けるようにしましょう。

 

女の子の陰部の腫れは何科に行けばいい?受診の際は小児科か婦人科へ

f:id:sugarchan1:20170219055032j:plain

子供が陰部をかゆがったり、腫れてしまうとどうしたらいいのか悩んでしまいますね。しかし子供が陰部をかゆがったり腫れてしまう事は実はめずらしいことではないのです。

陰部は体の中でも汚れやすい部分ですし、デリケートな部分ですので下着の擦れや汗でのムレ、刺激などでかゆみや腫れを引き起こしてしまうことが多々あるのです。

 

そのような症状になった場合、まずは陰部の皮膚に湿疹が出来ていないかどうかを確認することが必要です。

そして自分で判断するのではなく比較的早い段階で悪化する前に診察を受けることが重要です。

 

その場合、どこの病院で何科に連れて行ったらいいのか悩んでしまいますね。

 

子供の陰部の腫れの場合であればいつも診察してもらっているかかりつけのお医者様で大丈夫です。またお母さんが行き慣れている婦人科でも診察してもらえますので安心です。

 

女の子の陰部の腫れ、原因は?

女の子の場合には陰部がかゆく赤くはれてしまう場合にはやはり雑菌が原因の事が多いです。陰部を不衛生にしてしまうと雑菌は繁殖してしまいます。

その為、腫れやかゆみが強くなる可能性があります。

 

女の子は特に便を肛門から後ろ方向へ拭き取る習慣をつける事がとても大切です。

下着をこまめに取り換え、清潔な状態を保つようにしましょう。

 

おむつかぶれの場合

他の原因として、まだおむつをしている年齢によくあるのがおむつかぶれです。

尿や便が皮膚についてしまい、きれいに拭き取ったつもりでも雑菌などでかぶれていしまうことがあります。

 

ただれてしまったり腫れてしまった陰部は石鹸などで洗ってしまうと症状が悪化しますので使わないようにしましょう。

 

ひどくなってしまうと外陰部膣炎になってしまう場合があります。

本来は自浄作用が働きますが乳幼児は作用が不十分な場合があるので雑菌が繁殖してしまうのです。

普段よく見てもらっている小児科で診察してもらうといいでしょう。

 

かゆがる場合は皮膚カンジタ症の場合も

女の子だけでなく、子供の陰部のかゆみは皮膚カンジタ症も考えられます。

カンジタ菌は皮膚の表面に生息し、カビの一種で体力のある時には発症しませんが抵抗力が弱った時には発症してしまうことがあります。

発症すると皮膚炎をおこしてしまいとてもかゆくなるのが症状です。

ひどくなってしまうと患部に湿疹が出来、皮膚が薄くむけてしまうことがあります。

 

皮膚カンジタの場合軟膏を使ってしまうと症状が悪化する場合がありますので、勝手に薬を使う前に必ず診察してもらうことが大切になります。

 

この場合小児科でも婦人科でもどちらでも診察してもらえます。いつも見て頂いているかかりつけのお医者様に相談するのが安心かもしれませんね。

 

 

 

 

陰部のかゆみに効く薬は、どんなものが市販されている?

f:id:sugarchan1:20170218062856j:plain

陰部のかゆみで病院に行くのは気が引けるという場合や、

かゆいけどそこまで深刻な症状じゃない場合は、市販薬があるのかまず気になりますよね。

 

そこで、陰部のかゆみに効く薬はどんなものが市販されているのか調べてみました。

 

調べたところ、陰部のかゆみ専用の薬が何種類か市販されています

 

市販薬は、ドラッグストアで気軽に購入できます。

 

インターネットでの購入も可能なので、店頭で買うのはちょっと気になるという人はネットで買うのがいいでしょう。

 

では、陰部のかゆみに効く薬は、どんなものがあるのかまとめてみました。

 

 

小林製薬 フェミニーナ軟膏S 

CMでも流れていたので、フェミニーナ軟膏を知っている人も多いと思います。

下着かぶれや生理中のかゆみにも効果があります。

低刺激で安心して使うことができます。

 

名前は軟膏となっていますが、クリーム状で、使用感としてはそんなにべたつかないようです。

 

小林製薬 フェミニーナジェル

フェミニーナ軟膏と成分はほとんど変わりませんが、ジェルなのでさっぱり使えます。

透明のジェルで、パウダーも配合されているため、サラサラ感があります。

夏はべたつきが気になるので、ジェルタイプの方が使いやすいです。

 

小林製薬 フェミニーナミスト

ミストタイプなので、クリームなどと違って手が汚れません。

外出先などで、突然かゆくなってしまった時などに、これを持っていると安心ですね。

クリームなどと併用する人が多いようです。

 

ユースキン製薬 ユースキンラフレ

乳液状になっていて、よくのびるので、塗りやすいタイプになっています。

他の商品と違い、デリケートゾーンのケア商品には見えないパッケージなので、店頭でも買いやすいです。

 

ロート薬品 メンソレータムフレディメディカルクリーム

抗炎症成分が配合されているので、炎症を抑えてくれます。

弱酸性なので、肌に優しいのが特徴です。

無香料のものが多いなか、これはせっけんの香りがします。

 

池田模範堂 デリケア

クリームタイプになっています。

炎症を抑える効果があるので、かゆみはもちろん、痛みがある人にも向いています

 

池田模範堂 デリケアM‘s

デリケアの男性向けのものです。

メントールが入っているので、スッキリ感があります。

男性の方がメントールを好むので、メントールが配合されていますが、女性が使っても問題はないようです。

 

このように、陰部のかゆみに効く薬は、それぞれの特徴があります。

特に、使用感が変わるので、自分の好みのものを使ってみてください。

 

陰部のかゆみ専用の商品以外にも、オロナインなどのかゆみに効きそうな商品が市販されています。

 

しかし、殺菌効果が強いものをむやみに使うと、陰部に必要な菌も取り去ってしまうことにつながります。

 

必要な菌がなくなると、病気にかかりやすくなる危険性があるので、注意が必要です。

 

市販薬を使う時は、陰部のかゆみに特化したものを使うことをオススメします。

 

また、市販薬はとても便利ですが、陰部のかゆみの原因は様々あるようです。

 

市販薬ではなかなか改善しない場合や、塗るのをやめるとすぐかゆくなるような場合は、一度病院で検査することも検討してみてください。

子供の陰部の腫れに気が付いたら何科に行けばいい?

f:id:sugarchan1:20170216223504j:plain

3歳前後の男の子では陰部の先端が赤くはれてしまい痛がることがあるかもしれません。多くのお母さんはびっくりしてしまいますが、白い膿が出る事もあります。

 

こんな時、お母さんは少しびっくりしてしまいどうしようと不安になりますね。

 

子供の陰部の腫れ症状は?

このような症状の多くは亀頭包皮炎と呼ばれ、亀頭や包皮の先端に炎症を起こしてしまったことが原因と考えられます。

このような炎症は多くの場合、短期間の抗菌剤で落ち着きますので安心してください。

 

亀頭包皮炎を起こした時には、無理に包皮を剥いたり触ったりしますと炎症が激しくなる可能性があるので気をつけましょう。

 

生まれてきた男の赤ちゃんは包茎の状態が普通です。

亀頭部分全体が包皮でおおわれているのです。

この包茎が亀頭包皮炎の原因の一つになっています。

 

包皮がむけるのは個人差があり、生殖器が急激に成長する思春期の頃までには多くの男の子はむけるようになっています。

 

また幼児が繰り返し亀頭包皮炎を起こしてしまう場合には包茎に対する治療を考える事になります。

治療方法はいくつか考えられますが、その症状に応じた方法を医師と相談して決める事になります。

 

子供の陰部の腫れに気が付いたら、病院は小児泌尿器科へ行こう

このように男の子が陰部をかゆがったり腫れたりした症状を生じてしまった場合にはどこの病院に行ったらいいのか少し悩んでしまいますね。

 

そんな時には是非小児泌尿器科をおすすめします。

 

小児泌尿器科という科の名前はあまり聞きなれないかと思いますが、子供の尿路や生殖器の病気を扱う診療科の事で、腎臓や膀胱・尿管・尿道・陰茎や精巣などの外陰部の病気を専門としています。

 

大人と共通するとはいえ子供ならでは構造もありますので大人と違った専門的な知識が必要となります。

 

子供専門の泌尿器科で見てもらうのが一番安心できるのではないでしょうか。

 

子供は雑菌が繁殖しやすい

子供が陰部をかゆがることは実は少なくありません。

陰部は汚れやすくデリケートな部分ですので下着の擦れや汗、便や尿などの刺激でもかゆみや腫れを引き起こしてしまいます。

 

皮膚に湿疹などもなく単にかゆみを伴うこともあります。

 

中にはかゆみの原因が皮膚カンジタ症などの場合もありますので早めに病院へかかることをおすすめします。

 

早めに原因を特定し、医師の専門的治療を受けるのが早期回復への早道になるのです。

 

子供の陰部の腫れは決して珍しい事ではなく、多くの男の子は経験しているのではないでしょうか。

 

そんな時あわてず近くの小児泌尿器科を捜し早めに受診してみてください。