読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陰部のトラブル対処法。石鹸や病院の選び方

陰部のトラブルは様々です。軽い症状から病気などの重い症状まで。石鹸だけで解消できる事もあるけれど、すぐ病院に行く必要もあります。このブログでは陰部のトラブル別に対処法を紹介します。

不快なデリケートゾーンのかゆみは病院の何科に行けばいいの?

f:id:sugarchan1:20170219060606j:plain

女性のデリケートゾーンの診察は婦人科がおすすめ

女性のデリケートゾーンのかゆみはとても不快なものです。

今ではデリケートゾーンのかゆみ対策の市販薬もたくさん見かけるようになりました。

 

多くの方はまず病院に行く前にこのようなデリケートゾーンのかゆみに効果のある市販薬を試されるのではないでしょうか。

婦人科にかかったことのない年代の方は特に診察してもらうことに抵抗を感じ、市販薬で対処されることも多いでしょう。

 

しかし症状が重い場合や市販薬では症状がよりひどくなる場合もありますので注意が必要です。

 

また手や足などの皮膚のかゆみの場合診察してもらうことになる皮膚科ではデリケートゾーンの際、内診の設備がない場合が多く見られるためやはり婦人科での診察をおすすめします。

 

症状を観察し、医師に伝えよう

いつからかゆくなってしまったのか。どの部分が特にかゆみを感じるのか等、気になることをまとめておきましょう。

 

かゆみの原因は複数考えられますので、症状をしっかりと把握し医師に情報を伝える事は病気を正確に診断し治療を行う事には不可欠です。

 

おりものの状態やいつもとの違いなども診断を下すにはとても重要な情報になりますので観察しておくことをおすすめします。

 

婦人科での診察の流れ

  • 問診

婦人科ではまずかゆみの具体的な症状や妊娠の有無、最後の生理の時期などを問診で確認します。

この時の情報は診断を行うためにとても重要になってきますの、あらかじめメモなどで整理しておくとスムーズですね。

  • 内診

診察室に呼ばれ医師から簡単な問診で得た情報の確認を行った後は個室での内診があります。内診はやはり女性にとって気持ちのいいものではありませんが、カーテン越しに医師がデリケートエリアを診察します。

カーテンで仕切られていますので、多少気持ちは落ち着いて診察を受ける事が出来るでしょう。

内診の時に膣炎など疑わしい病気がある場合には専用の綿棒で少量おりものを摂取し菌がいないかどうかの検査を行います。

性感染症が疑われる場合にも別途検査を行い判断します。

 

 

 

このようにデリケートゾーンのかゆみを感じた場合には婦人科で菌の検査を行い、何が原因になっているのかをきちんと診断することをおすすめします。

 

下着などの擦れや汗などで一時的にかゆみを起こしている場合もありますが、菌などの影響でかゆみを起こしている場合などは、治療が遅れると悪化してしまうことがあるからです。

 

女性にとって婦人科はなかなか行きにくいかもしれませんが、長い間お付き合いしていく診療科でもあるのです。何かおかしいと感じた時には早期に診察を受けるようにしましょう。