読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陰部のトラブル対処法。石鹸や病院の選び方

陰部のトラブルは様々です。軽い症状から病気などの重い症状まで。石鹸だけで解消できる事もあるけれど、すぐ病院に行く必要もあります。このブログでは陰部のトラブル別に対処法を紹介します。

陰部神経痛の原因は老化だけじゃない!女性に多い理由は?

f:id:sugarchan1:20170221052240j:plain

陰部神経痛の原因は、大半が不明と言われてきました。

 

しかし、今まであまり知られていなかったものが、

認知されるようになってきたのでその原因も、

次第に明確になってきました。

 

誰でも発症する可能性がありますから、

原因を知っておくと対処できるので安心ですね。

 

 

陰部神経痛は出産が原因で発症する事が多い

陰部神経痛の原因が女性に多い理由は妊娠や出産にあります。

 

やっぱりと思われたのではないでしょうか?

 

ではなぜ?妊娠出と関係するのか?それは、

妊娠・出産をすると、骨盤内部の筋肉に大きな負担がかかりますね。

 

骨盤内部の筋肉は内臓などを常に支えています。

 

年を重ねるにつれて、その部分の筋肉が緩むのは、

出産経験者に多いと言われています。

 

老化によって、その部分の筋肉が緩み内臓などの重みで、

陰部神経を圧迫してしまい痛みを出すのです。

 

海外では、その筋肉を切開するなどの手術が取り入れられていますが、

日本では、その方法は危険性があるという見方が多い様ですね。

 

また帝王切開をした場合、陰部神経が何らかの原因で

損傷してしまう場合があります。

 

出産は、出血がひどくなる場合もあり、最短時間での手術が必要になります。

 

陰部神経は、その神経損傷が原因で引き起こされてしまうのです。

 

手術を受けている方には、対処のしようがありませんよね。

 

 

老化によるもの

老化は、いつか誰にでも訪れるものですよね。

 

成長期は筋肉に柔軟性があって、骨盤内の臓器が

しっかり収納されているのですが、長年の重力によって

筋肉に緩みが出るようになり、内臓を支えていた筋肉も緩みが出てきます。

 

陰部神経に触れ、圧迫するようになります。

 

陰部神経痛の原因として、一番多い症状なんですよ

 

予防として筋肉を付ける運動や体操がいいですね。

 

インナーマッスルとも言われる身体の内側の筋肉なので、

鍛えるのが難しく直接動かしにくいのですが、

身体全体を動かすことで、全体的な老化を遅らせる効果が

あると考えられています。

 

陰部神経痛の予防と運動は関係なさそうに思えますが、

運動する事で健康にもなるので、いろいろな相乗効果も期待出来ますね。

 

 

陰部神経通が男性でも発症する原因は?

陰部神経痛は女性だけではなく、男性の発症もゼロではありません。

 

ただ、男性は女性の様に妊娠や出産をしないので、

はっきりとした理由は、まだ解明されていませんが、

乗り物の振動や陰部にかかる加重が原因と考えられています。

 

バイク・自転車・自動車に乗る習慣がある方は、

加重を分散できる工夫をするなど、対処しておくと安心ですね。

 

座布団やクッションを引いて重さを軽減させたりするのも

一つの方法ですね。

 

自転車でサドルにまたがるとお尻に痛みを感じるなど、

違和感がある場合は、サドルを柔らかいタイプに替えるなど、

ひどくならないうちに対策しましょう。

 

 

陰部神経痛の原因は、分かりにくいのが特徴です。

 

でも、自分の生活を振り返り、身体が悲鳴をあげる予兆は

感じていたという方も少なくありません。

 

早いうちに、その原因を解明してあげる努力をすると、

ひどくならないうちに対処できますよね。

 

陰部なので、なかなか口に出さずに、多くの方が悩んでいる症状です。

 

諦めずに対策を考えましょう。