読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陰部のトラブル対処法。石鹸や病院の選び方

陰部のトラブルは様々です。軽い症状から病気などの重い症状まで。石鹸だけで解消できる事もあるけれど、すぐ病院に行く必要もあります。このブログでは陰部のトラブル別に対処法を紹介します。

陰部神経痛は病院での受診が難しい?

f:id:sugarchan1:20170222042110j:plain



陰部神経痛と初めからわかっている場合はまだいいですが、

なぜ痛みが出ているかわからない場合は

病院の何科で診てもらったらいいのか分かりにくいですよね。

 

そのような経験をされる方は多い様です。

 

大きな病院だから大丈夫ということはありません。

 

はっきりと原因が特定されるまで覚悟を決めて、諦めないことが大切です。

 

 

病院の何科に行けばいいかわからないならまずはかかりつけ医に相談

どこで診てもらったらわからない場合は、

まず、かかりつけ医に症状を相談してみましょう。

 

どんな痛みで、どんな時に痛むのか、また、肛門の近くなのか奥なのか、

など、話しやすい先生との会話から、

病院のどの科を受診したらいいのか見えてきますよ。

 

子供が小さく、小児科や産婦人科の利用がある場合なら、

そちらの医師に相談しても大丈夫です。

 

話しやすい医師というのが重要です。

 

正しい診断をしてもらうには、きちんと症状を伝える必要が有りますね。

 

知らない医師との会話では、話さなくてはいけないことが分かっていても、

うまく伝えられない場合があります。

 

陰部のことなら、なおさらですよね。

 

自己判断で陰部神経痛とすぐにわかればいいのですが、

わからない場合は、陰部の痛みだけで行き先を探すと、

肛門科・婦人科・泌尿器科・消化器科・神経科・精神科など、

関係しそうなところが多いので、

自分で判断するのは難しいですよね。

 

悩んだら、もう一度かかりつけ医に相談するなどしてみましょう。

 

陰部神経痛の診察は複数の病院でしてもらうのが良い。

陰部神経痛は判断が難しいため、1つの病院で診断されても、

他の病院でも受診することをおすすめします。

 

誤診の場合だけでなく、診断を確認するためにも、

利用する方は少なくありません。

 

近年、複数の病院で診断を受けることが重要視されるようになりました。

 

セカンドオピニオンというものですね。

 

後ろめたさを感じる必要はありませんよ。

 

陰部神経痛は、正確に診断するのが難しい症状です。

 

複数の医師による考えを聞くことは、

結果として解決に向かうステップとなります。

 

少し手間がかかりますが回り道だと感じても、

信じて、一歩一歩進んでいきましょう。

 

陰部神経痛は、ストレスで痛みが大きくなる場合が多い様ですので、

ストレス解消をする事が痛みを和らげる人るの手段かもしれませんね。